« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010/04/21

京セラドームでステージG-KING

◆巨人2─1横浜(20日・京セラドーム) 巨人先発の藤井は7回を2安打1失点に抑える好投で勝利に貢献。残念ながら初勝利はまたもお預け。 1―1で同点の8回、3安打で2死満塁とした巨人は、スンちゃんの押し出し四球で勝ち越し。終盤は、久保、越智と継投し逃げ切った。

今日は仕事を早退して京セラドームへ。
ステージG-KINGの大抽選会になんとか間に合う。

Img_2450

このお2人は奥のほうにいましたが、G-KINGでは有名?


Img_2454


前の大きなお兄さんの頭が邪魔でした。

Img_2458


坂本の献血Tシャツ買ってくれ、とのことでこのあと購入。
¥2100なり。

Img_2463

大抽選会とやらは、かすりもしなかったが・・・、
なんとなんと、このあとの第2部。
クイズとジャンケンに勝ち抜いて、アフターゲームグラウンドツアーをゲット!!
巨人が勝てば、ヒーローとハイタッチが出来るとのこと。
これはまさに奇跡。
絶対、勝ってもらわないと。

Img_2465

ゲームは3塁側から観戦。
でも巨人ファンしかいませんでした。


Img_2476

ゲームは1−1の同点のまま、8回表終了時に集合せよとのことで、いったん球場の外に出て、その後球場内の控え室に案内されました。
ここではテレビモニターでの観戦。
スンちゃんの押し出しで勝ち越して、異様に盛り上がる。


Img_2477

これを首にかけて入場。

Img_2480

勝利した場合の段取りの説明を受けます。
負けたら、ただのグランド見学になってしまうらしい。


Img_2481

9回表、一死二塁で控え通路に移動。
モニターもないので、ゲーム展開が全くわからず。
大声援が聞こえて同点にされたのかと思ったら、谷の好プレーだったらしい。
とにかく、なにもわからず。

ツーアウトです。
勝ちました。それではグランドに入ります。
ハゲの球団職員の人のメッセージで、その度に歓喜しながらついにグランドへ入ります。

Img_24821

これは初めての経験。
巨人の勝利に感謝。


Img_24861

ヒーローインタビューの準備中。


Img_24911

ヒーローは好投の藤井投手と、3安打の松本選手。

Img_24991


Img_25151


写真撮るのに夢中で、インタビューの内容は全く聞いてません。

Img_25191

ついでにホームベースも撮りました。
このあと、ついに場内を一周してきたヒーローの松本選手と藤井投手とハイタッチ。
感動の瞬間。
「ありがとう」と伝えました。

Img_25251

最高の一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2010/04/07

キムタク、巨人に来てくれてありがとう。

◆阪神0─3巨人(7日・甲子園)  この日の早朝に木村拓也内野守備走塁コーチが亡くなったことを受け、巨人は喪章をつけて試合に臨んだ。三回、脇谷のヒットをきっかけに先制に成功すると、ガッツの2ランホームランも飛び出し3点のリードを奪う。守備でも松本がファインプレーを見せ、チームを盛り上げる。先発のフランケンは終始安定したピッチングで7回4奪三振の好投。亡くなったキムタクに勝利を捧げた。


今日は職場の花見でした。
とても寒かった。

それにしても、悲しい。
悲しすぎるよ、キムタク。 若すぎるよ。
原監督も泣いていたな。
オレも泣きそう。

花見でゲームは見れなかったが、西村がナイスピッチング。
ガッツも最高のホームラン。
きっと、木村コーチがパワーをくれたのでしょう。

キムタク、巨人に来てくれて本当にありがとう。
我々は、貴方のことをずっと忘れません。

Pa080036_2


Pa080034


Pa080035


Pa080037


写真は、キムタクが巨人に来てくれた年に(20006.10.8)、甲子園のバックネット裏から撮ったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2010/04/02

キムタクの復活を心から祈る

◆広島4―5巨人(2日・マツダスタジアム) 巨人は2回に4点を先制されたが、3回に松本の適時打で1点を返すと、5回ラミレスが2試合連続の同点3ラン。さらに7回、ラミレスの2打席連発の3号ソロで勝ち越した。ヨロコンデ〜〜。

勝利は嬉しいが、今日はそれどころではなかった。

キムタク、大丈夫か。
くも膜下出血とのこと。
AEDも使ったらしいから、かなりの重症。
絶対、死ぬなよ!!
広島大学病院か?  最高の医療で助けてくれ。
巨人のコーチとして、絶対戻ってこいよ!!

| | コメント (2) | トラックバック (4)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »