« 2009年4月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年5月

2009/05/15

「ラミ茶」量産お願いします

Img_1961


◆広島2―5巨人(15日・マツダスタジアム) 巨人は4回、ラミちゃんの7号3ランで先制すると、5回、6回にも1点ずつを加点した。先発のゴンザレスは6回2失点で3勝目、クルーーーンが復帰後初セーブとなる7セーブ目。

中井くんと世界の隠善が消えたのはとても残念。
2人には期待していたのに。
代わりに上がってきた工藤も三振したけど・・・。
上がってきた選手を必ず起用する原采配は、私は好きです。

それにしても、この独走体勢からラミちゃんがHR量産に入ると、まさに無敵ですね。

ゴンちゃん(ディッキーていうの?)もついに得点を許したが、四球を出さないのが素晴らしい。
この調子で、交流戦も頼みます。

山口と越智は、間隔あけてあげると完璧ですね。
無駄遣いしないようにしてあげてください。

クルーンは、1点差くらいで投げてみないと何とも評価出来ないが、帰ってきてくれただけで良しとします。

苦手の広島だが、今回はなんとか勝ち越しましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (10)

2009/05/12

中井3三振デビューも逆転で6連勝

Img_1934

◆横浜3―5巨人(12日・横浜) 巨人は1点を追う5回、坂本の投手強襲安打で同点、さらに松本の左前打で2点を勝ち越した。オケツは緩急がさえて2勝目。7回からの豊田ー山口ー越智の継投も決まった。巨人は今季3度目の6連勝で、貯金を13とした。

オケツは三振多いのはいいが(10奪三振)、その分、球数も多くなり結局は山口と越智に頼らざるをえなかった。
まぁ、5回は坂本につなぐヒットも打ったことだし、今日はヒーローということで許しましょう。

中井くんは3三振の散々のデビュー。
もしかして、長嶋さんの再来か?

しかし、怖いくらいに勝ちますね。
たまにはボロ負けしないと、山口も越智もゆっくり休めません。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2009/05/10

進化する若者、坂本勇人

Img_1920


◆巨人8―7中日(10日・東京ドーム) 巨人が中日を3タテで5連勝、9連戦を7勝2敗で乗り切った。試合はガッツ&ラミレスのアベック弾、最後は打撃絶好調の坂本が逆転の2点本塁打を放ち中日を振り切った。

4−1で負けている時点で、不覚にも眠ってしまった(昼寝)。
今日は負けてもいいか、という気持ちが正直あった。
選手の皆さん、スミマセン。
昼寝から起きたら、6−5だったがまたすぐに逆転を食らった。
その後は、坂本の劇的アーチの前にBSの放送が終了。
そんなこんなで、結局いい場面はリアルタイムでは見れなかった。
仕方なく、あとから「GIANTS ストリーム」で確認しました。

しかし、坂本はすごいことになってきましたね。
この9連戦で、ホームラン5本。
うち3本が決勝ホームラン。

高校時代から「遠くにボールを飛ばす天性の力がある」と潜在能力を高く評価されてはいたが・・・、
まさか、こんなに化けてくれるとは・・・。
(写真は入団時の勇人です)
巨人に来てくれて、ありがとう。
今日は「母の日」、天国のお母さんもきっと喜んでるでしょう。

そういえば、今日も代打で三振した小田嶋がとても心配。
だれか、メンタルケアをお願いします。

それにしても、こんなに突っ走っていいのかなぁ。
ちょっと怖いです。


| | コメント (2) | トラックバック (10)

2009/05/09

今年のゴンザレスには期待できそう

Img_1904


◆巨人3―1中日(9日・東京ドーム) シンノスケ、ラミちゃんのHR攻勢で巨人は今季3度目の4連勝。両リーグ通じ20勝一番乗りで、貯金も今季最多の11とした。ゴンザレスが7回無失点で2勝、越智はピンチを招くも3セーブ目。

Img_1907


巨人のゴンザレスといえば、落雷で不幸にも亡くなったゴンザレス(GG)とか、ドーピング違反で消えていったゴンザレスとかがいたが・・・、
今年のゴンザレスは役に立ちそうです。
四球がないのが、とても安心。
なぜか、バッティングもいい。
ずっとこの調子で、お願いします。

シンノスケは、「おばぁちゃんこ」だったのでしょうか?
ヒーローインタビューで泣き出すので、ビックリしました。
先日のホームランボールも返ってきて、良かったですね。

中日に勝つと、ホントに気分がいいですね。
この勢いで、明日もやっつけましょう。
明日の先発は、内海はいないし・・・、誰だ??

それにしても、阪神が心配。
真弓監督はシーズン終了までもつでしょうか?

そういえば、小田嶋も心配。

| | コメント (3) | トラックバック (9)

2009/05/08

巨人打線爆発、隠善も帰ってきたぞ

Img_1892


◆巨人10―4中日(8日・東京ドーム) 15日から公開される映画「天使と悪魔」に主演するトム・ハンクスさんが始球式に臨んだそうだ。その巨人はガッツの2試合連発8号3ランで先制、スンちゃんも2戦連発の7号2ランが飛び出し、15安打で10点を奪い、貯金を今季最多の10としたよ。

ヒーローは連夜のまたこの2人です。

大量リードなんだから、もうちょっとセスにはしっかりして欲しかった。
序盤の併殺に助けられましたね。
ゲームの流れは、まさに紙一重。
選手がジンクスにこだわるのも、よくわかります。

シンノスケも、昨日のHRボールが戻ったようで良かったですね。
プロ野球選手は、記念のボールとかにも結構こだわりますよね。

そういえば、相手の監督(ガマガエル?)は、なにかコメントしましたか?
「今日の負けは意味のある負けだ、いつもの負けと違うだろ」
・・・、なんて、今日も言いました??

「世界の隠善」も帰ってきたし、これで無敵になりそうな予感です。

| | コメント (2) | トラックバック (11)

2009/05/07

巨人得意の空中戦で大逆転

Img_1879

◆巨人7―3横浜(7日・東京ドーム)  巨人は1-3の8回、ガッツの右中間3ランで一気に逆転。さらにスンちゃんの2打席連続本塁打、シンノスケのソロで突き放した。ガッツはプロ通算45人目となる、通算3000塁打を達成した。

木曜は毎週残業で遅くなる。
帰る前に携帯でチェックしたら、1−3で負けていた。
スンちゃんのホームランは確認したものの、ここ一番で打って欲しいよな、などと考えながら家に着いた。

そして、テレビをつけたら、
解説の江川が、「すごい場面ですね〜、これね〜。」とコメントしているところだった。
ガッツの逆転弾の直後だった。

その後、スンちゃんの特大弾とシンノスケのダメ押し弾。
一発攻勢では横浜にお株を奪われていたので、最後に本領発揮といったところです。
気分スッキリ。

さぁ、次はまたドラゴンズ。
まずは初戦をとりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009/05/06

君こそスターだ、坂本特大サヨナラ弾

Img_1863


◆巨人3x―2横浜(6日・東京ドーム) 巨人が2―2で迎えた9回1死から、この日1番で起用された坂本のプロ入り初となる5号サヨナラHRで連敗を止めた。左翼ポール際の特大アーチだった。8回から2番手で登板した山口が4勝目。

原監督も言っていたが、昨日・今日と重苦しいゲーム展開。
先制するものの、チャンスでダメ押しがない。
そのうち、横浜の一発攻勢を食らう。

そんななか、坂本がやってくれました。
一発でイヤな雰囲気も吹っ飛んだ。
最終打席は積極的に打って出たのが良かったと思う。
それにしても、特大のホームランでしたね。
無限の可能性に、これからも期待は膨らみます。
このまま一番固定なら、四球は選ばなくていいから、攻撃的トップバッターでいて欲しい。

山口は、すでに4勝目ですか。
今日も安定していた。
今シーズンは20勝、いっちゃいますか。

| | コメント (2) | トラックバック (9)

2009/05/03

連夜の坂本活躍、対阪神戦11連勝

Img_1852


◆阪神0―4巨人(3日・甲子園)  巨人は、2回2死一、二塁から坂本の左前打で先制。5回はガッツの右前2点適時打で加点。ゴンザレスは直球とスライダーがさえ、7回無失点で移籍後初勝利。巨人は今季3度目の3連勝で、対阪神には11連勝となる快勝となった。

今日の中継は、阪神にとっては最強の解説陣でした。
写真のお二人に加えて、何を言いたいのかよくわからない栗山。
岡田前監督は、真弓采配はまだまだといった意味のコメントが目立ちますね。
確かに、監督が代わるとチームの印象も今までとは大きく変わります。
ヨッさんはお元気そうでなによりです。


ゴンザレスはヤクルト時代から阪神には相性がいいとは聞いていたが、なんとも圧巻のピッチング。
阪神以外にも通用するかが、今後の課題でしょう。
そして、アルフォンゾはこれでしばらくは帰って来れないでしょう。

坂本は連夜の活躍。
まさに、阪神キラー。
球児も登録抹消に追い込んだしね。
阪神さんは敬遠も考えた方がいいんじゃないの。

| | コメント (2) | トラックバック (8)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年11月 »