« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008/05/28

エースを狙え、内海哲也

Img_1044

巨人6―1楽天(28日・東京ドーム) 巨人先発の内海は、11奪三振で今季初完投の3勝目。巨人は6度目の挑戦で勝率5割に到達した。谷は逆転の2ランをバックスクリーンに運び、3回には阿部の5号3ラン。6回にはラミレスの22試合連続安打となる適時打で加点。

ケガをして登録抹消される選手
調子が上がらず?二軍に行く選手。
ドーピングでいなくなったヒト。

どんどん一軍選手が減っていく。
そろそろ誰かが流れを変えないと・・・。
ラミレスひとりに頼っているようじゃ・・・、

エイドリアンが新しい風を、ちょっと吹き込んだ。
なかなか超えられない5割の壁。

誰か、流れを変えろ!!

そんななか、やっとやってくれました。
毎回奪三振はならなかったが、内海の完投勝利。
去年の活躍を、やっと思い出した。
なんと言っても、2年連続のJCB・MEP賞受賞選手だからな。
監督に「うちのエースは内海です」と言わせろよ!!

ラミレス以外のホームランも、なんだか久しぶりのように思えた。
シンノスケも谷も、そろそろエンジン全開でお願いします。

写真は、去年当選でもらった内海の「2007年JCB・MEP賞受賞選手サイン入り色紙」です。

Img_1048

| | コメント (4) | トラックバック (12)

2008/05/26

去年は2人いたゴンザレス

巨人4―3日本ハム(26日、東京ドーム)巨人は1回、キムタクの2試合連続3号2ランで先制。新外国人左腕のエイドリアンは初登板勝利。クルーンは来日通算100セーブ達成。

今日はなんか素直に喜べない勝利だなぁ。
もちろん、クルーンの100セーブおめでとう。
ラミレスの21試合連続安打も素晴らしい。
キムタクも3番らしい活躍、ありがとう。
エイドリアンも今後ともよろしく。

しかし・・・、
ひちょりが骨折(フランケンの被害者)。
ゴンザレスがドーピングで解雇。

クロベンゾレックス、アンフェタミン、パラヒドロキシアンフェタミンって、いったいどんなクスリ??
クロベンゾレックスは、筋肉増強剤?
アンフェタミンって、覚醒剤?

ゴンザレスの守備と走塁は評価していたのだが・・・、

それと、全然関係ないですが、去年巨人に在籍していた「G・G」ことジェレミー・ゴンザレス氏が、落雷で亡くなったというのは本当ですか??

| | コメント (2) | トラックバック (13)

2008/05/25

ラミレスは丈夫ですね

巨人6―4日本ハム(25日・東京ドーム) 巨人は3―4の4回、キムタクの二塁打で追い付くと、6回に暴投で勝ち越し。8回にはラミレスが勝負を決める17号ソロ。3番手のフランケンがなんとなんとリーグトップタイの6勝目、クルーンが15セーブ目。

豊田は、復帰後7戦連続ノーヒット・ノーランらしい。
素晴らしい。
クルーーンはともかく、とりあえず豊田につなぐまで、ゲームを作れ。

木佐貫は治らんねぇ、一発病とあのびっくり顔。
病気だからしょうがないか・・・。

キムタクは地味ながら頑張ってますねぇ。
あの明るいキャラも、チームに貢献大と評価します。

亀ちゃんと坂本の1・2番も、そろそろメッキがはがれ限界か?
二岡とヨシノブは今頃、何してんだろ?
ラミレスや松井秀喜、金本のようなケガにも強い選手が、巨人にいっぱいいて欲しいです。
フランケンがぶつけた森本も、ちょっと心配。

| | コメント (2) | トラックバック (11)

2008/05/21

DHのラミレスが最強です

ロッテ5―8巨人(21日・千葉マリン) 巨人はラミレスの2打席連続本塁打などで8点を奪い、守っては小刻みな継投で何とか逃げ切り、交流戦を2連勝でスタート。オケツは、二軍で再調整のため出場選手登録を外れた。

二軍に調整にいく人が多すぎて・・・、
もう頼りになるのは、ラミちゃんだけです。
内海は7点ももらったのに、勝ち投手になれないなんて・・・、
唐川の二の舞。
なんとか復帰後の豊田が頑張っているが、巨人投手陣の防御率はひどいことになってます。
ロッテに連勝しても、素直に喜べない。

それと、タカヒロがやっと、今季の初ヒットとのこと。
どんどん出塁して、その足でかきまわして欲しいです。

なんと、シコースキーよ、お久しぶり。
巨人戦以外で、活躍してください。


Img_1027_2

写真は、昨日次女がくれた2008カルビーベースボールカード。
しばらく用無しです。

| | コメント (2) | トラックバック (8)

2008/05/20

打ちすぎなんだか、打たれすぎなんだか・・・

ロッテ11―12巨人(20日、千葉)  早々に6点をリードされた巨人だが、八回にラミレスの3ランで逆転に成功。千葉ロッテに打ち勝ち交流戦を白星でスタート。

なんと言って良いやら・・・。
よくぞ追いついた、と言っていいのか、
なんで23安打も打ってこんな接戦なの? というべきか?

オケツはもう全然ダメ。
越智・・・、同上。

山口くんは頑張った。でもベンチがちょっと引っ張りすぎたな。
フランケンは、こういうゲームで踏ん張らないと・・・、評価はガタ落ち。
豊田は最高、言うこと無し。ストッパーお願いします。
クルーーーーンは・・・、とにかく、先頭打者は抑えてください。
お願いします。

まあ、どんな内容でも勝ちは勝ち。
こんなゲームで負けていたら、残るのはとんでもない疲労のみ。
セ・リーグで勝利は巨人のみ。
何とか流れを変えていきたい交流戦。
鬼門の千葉マリンで、明日も勝てば大きな波が来る悪寒・・・、ではなく予感。

しかし、YFKだったかな、いなくなって大変そう。
今年は過激なロッテファン・ブロガーからの攻撃がないことを祈ります。
これも、お願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (12)

2008/05/15

やっと貢献できたなと思います

横浜2―3巨人(15日・横浜) 8回2死一、三塁からラミレスの右中間安打で同点。続くシンノスケも左中間に勝ち越し打を放った。9回はクルーンが2死一、三塁のピンチも仁志を三塁ゴロに打ち取った。

最後は、仁志が3戦連続のヒーローになるのかと思った。
クルーンもヒヤヒヤ。
球児や岩瀬のような安定感を期待するのは、贅沢なのか。

内海も今日はまあまあ。
西村が流れを作ってくれました。
シンノスケも「自分でも不甲斐ない成績でしたので、やっと貢献できたなと思います。」と言っているが、ホントにこれからは頼みます。
まだまだ「最高です」の気分にはなれません。

さて、アホの隠善はどうした?

| | コメント (2) | トラックバック (12)

2008/05/11

目指せ「シンデレラ・ストーリー」

巨人9―3中日(11日、東京ドーム) 巨人は2ケタ安打で9点を奪っての逆転で、今季初めて中日との3連戦に勝ち越した。同点の6回、小笠原の8号ソロで勝ち越すと、隠善と脇谷の適時打で3点を勝ち越し。7回にも3点を追加した。プロ初スタメンの隠善は、3安打3打点と大活躍。

背番号99は育成選手の出世番号になるのか。
去年の山口くんに続いて、今日は隠善が大活躍。
「シンデレラ・ストーリー」の始まりか?
若手選手の活躍を、ファンはずっと待っている。

【プロフィル】隠善智也 いんぜん・ともや 外野手。1984年6月5日生まれの23歳。2007年に広島国際学院大から育成ドラフトで入団。昨季は2軍で42試合に出場し、打率・284。今季の開幕前に支配下選手に登録される。年俸480万円(推定)。174センチ、73キロ。左打ち左投げ。

坂本くんも、今日は打てなかったが守備がとても安定してきた。
昨日から好プレーの連続です。
これじゃぁ、二岡の帰る場所がなくなりそう。

セスは本調子ではないのだろうが、ゲームを壊さないのはさすがです。
オケツも内海も見習え!!

それとゴンちゃんも、意外と足が速いのにびっくり。
シンノスケも見習え!!

| | コメント (4) | トラックバック (11)

2008/05/10

「アシタモ、ウチマス!」

Img_1020


巨人5―4中日(10日・東京ドーム) 初回に坂本の3号ソロで先制。脇谷の適時二塁打などで追加点を奪ったものの、追い付かれた直後の8回、2死三塁からラミレスが左前に弾き返し勝ち越し。交流戦前の山場とされるこの9連戦で5勝目を挙げた。

NHKの大野の解説はクセがなくて、安心して聞いてられました。
川藤、掛布、星野、ア堀内などの解説にウンザリしていたので、勝ちゲームだったこともあり、なんだかとてもいい解説者に思えた。

しかし、なかなかスッキリとは勝てないなぁ。
楽勝ゲームがありません。
結局はラミちゃん頼り。
7回のシンノスケは、アウトになってもいいから谷の外野フライでホームに突っ込んでほしかった。

ラミちゃんの顔って、結構ブツブツですね。
「ミナサン、キテクレテ、アリガトウゴザイマシタ!アシタモ、ウチマス!」とのことなので、是非よろしく。

| | コメント (2) | トラックバック (12)

2008/05/08

神の手も届かぬ聖域へ

巨人6―5阪神(8日・東京ドーム) 巨人は4―5の8回、小笠原の二塁打に続き4番ラミレスが、阪神の久保田からバックスクリーンに10号2ランを(実は11号のはず)放ち、逆転勝ち。9回を3人で締めたクルーンが9セーブ目。

「神の手」ってなんだ?
阪神の神?
犯珍の珍じゃなくて?
昨日はオレから言わせれば、「珍の手」あるいは「犯の手」でした。
ほとんど犯罪。

打ち直してくれたラミレスは素晴らしい。
まさに「そんなの関係ねぇ」
「犯の手」など届かぬ、まさに聖域に向けてのホームランでした。

どうした、犯珍ファン・・・、
ホームランボールたたき落としてみろよ!!

いろいろ課題は多いが、まぁ3連敗しなくて良かったです。

| | コメント (4) | トラックバック (13)

2008/05/05

松井秀喜ベースボールミュージアム

◆ヤクルト―巨人(5日・神宮)  巨人は1―2で迎えた5回、坂本のタイムリーで同点。小笠原が安打、ラミレスが四球で続き、阿部の走者一掃の勝ち越し打などで5点を奪い逆転勝ちした。巨人は今シーズン2度目の同一カード3連勝で3位に浮上。

開幕戦のお返しで、やっとの3タテ返し。
ヤクルトには、まだまだ借りを返しましょう。
シンノスケも復調してきた。
二岡もヨシノブもいなくなって(毎年のように)、あと生え抜きと言える打者は、シンノスケと清水くらいしかいないし・・・。
頼むよ、ほんとに。

しかし借金あるのに、3位だって。
こんなの許されるの?
借金かかえたまま、クライマックスシリーズ目指しますか?

Img_0994_3


Img_0997_3


Img_0998_3


話は変わりますが、GWを利用して北陸に行ってきました。
写真は、「松井秀喜ベースボールミュージアム」です。
6歳のときに書いたとの「やきゅせんしゅになりたいです」という絵に、不覚にも感動してしまった。
松井がいなくなってから、巨人は弱くなった。
帰って来てほしいね。

| | コメント (6) | トラックバック (13)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »